奄美大島ならではの染色体験


この夏金井工芸の職人たちと一緒に、奄美大島ならではの染色体験をしてみませんか?


伝統的な染色法をいまでも続ける金井工芸は、奄美大島の天然由来の原料を使用し、和服のみならず洋服やインテリアを始め様々なジャンルとの掛け合いを経て革新的なプロダクトをプロデュースし続けています。


金井工芸では、「てぃーちぎ(車輪梅)」という植物や、島の天然の鉄分を含む泥を使用し染色する体験を現地で体験できるほか、自宅でもこのアクティビティを楽しむことができる様にキットの開発をいたしました。


旅行が自由にできないときでもプロダクトを通して、島を感じることのできる素晴らしいアクティビティのご紹介でした。⁠


Join the artisans of @kanaikougei this Summer for local dyeing. This traditional dyehouse uses natural plant-based colours from Amami Oshima. Dyes can come from many sources, for example from a plant called "Teechi gi," also known as Wheel Plum, and also from the island's naturally iron-rich mud. If you’re on vacation with friends or family, this is a fun activity to take part in together. If not, you can still enjoy this activitiy at home with a DIY kit!⁠